月経前緊張症候群(PMS)「心のやまい」が、身体や行動に与える例…症状・治療について

月経のある女性において、排卵後(月経開始の1週間から10日前)より、頭痛、むくみ、胸の張り、吹き出物、眠気、倦怠感などの身体症状とともに憂うつ感、意欲低下、不機嫌、集中力低下、情緒不安定、過食などの精神症状が強まり、月経開始後まもなく症状が軽快する、反復性の抑うつ状態がPMS(premenstrual syndrome)だと言えます。

治療について

PMSは、月経のある女性のプロゲステロン(黄体ホルモン)分泌が活発になる時期(排卵から月経前、黄体期)において症状が見られることから、今までは婦人科的疾患だと言われ、ピルや漢方薬による治療が一般的でした。これらの治療で充分な効果が得られず、周期的な抑うつ症状のために対人関係や社会生活にも支障を来たすような病状がある場合、精神科領域の薬物療法が有効なことがあります。当院では、ごく少量の抗うつ剤、および気分調整剤の併用療法による治療実績を重ねています。女性医師もおりますので、お気軽にご相談下さい。